D-musica   LINKS LINKS About us お問合せ

 

レビュー

 

 

ジャズライフ 9月号のレビュー

 

 

☆2010年9月号 菅野 聖 氏 レビュー
ピアノ・トリオが展開できる様々な可能性を存分に伝える快作


日本を代表するベーシスト/安ヵ川大樹が、自身の主宰するレーベル”ダイキムジカ”からニューアルバムを2枚同時リリース。その一枚が、ピアノ、ドラムスとのトリオによる本作「トリオス」である。これまでに同レーベルから発表された作品に参加した5人のピアニストと4人のドラマーを迎えたその演奏は、ピアノトリオが展開できる様々な可能性を存分に伝えている。いずれの曲も各メンバーがそれぞれの個性を出し切り、触発しながらひとつの世界を作り上げているため、カラーの違いをダイレクトに感じられるのが素晴らしい。全11曲中、4曲お馴染みのスタンダード・ナンバーで、安ヵ川のオリジナルは7曲。疾走感のある楽曲や残響もメロディアスに感じさせる作品など、安ヵ川の優れたコンポーザー能力も存分に味わえるのも特徴的。彼が素晴らしいベーシストであるのは周知の事実であるが、このアルバムを聴けば、なぜ安ヵ川大樹が今のジャズ・シーンに必要不可欠な存在であるかも認識できるはずだ。以前、インタビューした際”レーベルを主宰したことで、より自分自身の考えやイメージを反映することができるようになった”と答えていたが、彼は本作において、プロデューサーとしての客観性を持ちながら、アーティストとしての譲れない美学をピアノ・トリオという形態で描き出したのだと思う。

 

 


 

 

このページのトップへ

 

 

会社概要   |   個人情報保護ポリシー   |    特定商取引法の表記